創刊3周年の「毎日が発見」2月号、リニューアル!

「毎日が発見」2月号(1月28日売)から、表紙に片岡鶴太郎墨彩画を起用し、題字やレイアウトも一新、新連載も加えてリニューアル。3周年だから?と思っていたら、実は編集長も交代、三好ひとみ氏から柴本淑子氏に。毎回雑誌と共に添えられる編集長からのお手紙からも意気込みが伝わってきました。

新連載は、下記の8つ・・・


  1. 1975年から1988年の「朝日新聞」の“天声人語”を担当していた辰濃和男氏の写真を含めた巻頭エッセイ“花の声が聞こえますか”


  2. 読者世代に役立つ話題の情報“今月の『毎日が発見』”


  3. 毎号異なるお医者さんから密かに?やっている健康法を聞き出す“健康のために続けています!ドクターが実践する健康法”


  4. 生活の中で楽しむ実践法を学ぶ“桐島洋子さんの『骨董のある暮らし』”


  5. 人気特集が遂に連載に!数独、クロスワード、塗り絵などによる“ 鍛脳ドリル”


  6. 日常の『困った』を解決“お金のレスキュー隊”


  7. 毎回テーマごとに先生を起て学ぶ“楽しみ力養成講座”


  8. 新製品の現場を訪ねる“発見隊が行く!”


ちなみに表紙のキャッチフレーズも“50代からの暮らしと生き方マガジン”から“まだまだ見つかるあんな楽しみ、こんな知恵”に変更。年齢層が若くなったというよりは、幅広く限定しないという方向性のように感じます。
いくつになっても、“毎日に発見”の気持ちは持ち続けたいもの、役立つリアルな特集と楽しい企画をよろしくお願いします!

「毎日が発見」サイトはこちらから

(2007.01.31)