小学館、ネット専用7誌を雑誌の市場“SooK”で順次創刊!

小学館は、インターネット閲覧専用のオリジナルコンテンツの雑誌7誌を順次創刊。
雑誌の市場“SooK”で創刊、6月1日より7誌の配信を順次スタートします。

7誌のコンテンツは下記のとおり。

≪6月1日創刊≫
1.フォーマルな気分を愉しむ実用誌「フォーマルの流儀」
2.デザイン性のある心地いい生活を提案する美的刺激雑誌「Designer's Style」

≪6月8日創刊≫
3.田舎暮らし案内誌「農家に棲む」
4.自然への探究心、好奇心、発見を大切にするアウトドア・マガジン「ダーウィンのひ孫」

≪6月15日創刊≫
5.古き良き時代を楽しむ温故知新の郷愁雑誌「昔売ります」
6.江戸の文化と暮らしを紹介するカルチャー・マガジン「江戸前の手引き」

≪6月22日創刊≫
7.スローライフ・マガジン「渚でくらす」

上記の7誌は、いずれも暮らしに対し少し余裕を持つことのできる40代後半からを中心とした読者に、快適なライフスタイルを提案していきます。
今回創刊したオリジナル7雑誌の創刊の場となったのは、雑誌の市場“SooK(スーク)”。
“SooK(スーク)”はアラビア語の“市場”の意の“SOUK”と“BOOK”による造語で、7つの快適ライフスタイル・セレクトマガジン“Magazine’s SooK”、「サライ」「駱駝」「BE-PAL」「Lapita」「和楽」の紹介と購入ができる“小学館の大人誌”、リアルなイベント情報紹介の“情報手帖”、Webであることのメリットである動画や音声を活かしたインタビューや取材記事紹介の“上映室” と“話題”、リアルタイムコミュニケーションを行っていく会員登録制の“SooK CAFE”が現在のメインコンテンツ。
もちろん各コンテンツに無料のお試しもありますが、基本の“Club SooK”会費は、750円/月(税別)。この会費で、7誌の“Magazine’s SooK”と会員限定のメルマガ“SooK Express”が2ヶ月間閲覧可能になり、公式サロン“Club SooK”への投稿もできるようになります。
**創刊の今なら!2007年7月末までは特別期間!誰でも公式サロンに参加することができます。
既に、落語音源ダウンロードWebサイト“落語の蔵”等にもリンクされていますが、これからも“文字好き、活字好き”のための楽しいコンテンツがどんどん追加予定とのこと。乞うご期待!

★小学館の雑誌の市場“SooK”へはこちらから

(2007.06.03)