ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展
 宮城県美術館 2007年4月14日〜6月3日


会期:2007年4月14日〜6月3日  *お出かけ前に、休館日等の詳細は、下記サイトでご確認ください!
場所:宮城県美術館

仲良しなのねずみたちを描いた絵本ぐりとぐら(福音館書店刊)やちょっと困った子たちがたくさん登場する創作童話いやいやえん(福音館書店刊)で知られる山脇百合子氏の絵本の原画展です。
山脇氏の描く世界では、子どもも動物たちも同じように仲良しで同じように明るく元気で、読むものをも幸せで楽しい気持ちにさせてくれます。(たまに怒られた主人公たちと一緒にしゅんとさせられることもありますが・・・)
今原画展では、宮城県美術館が所蔵する絵本原画コレクションの中から絵本と挿絵の代表作23タイトル、約320点の原画が展示予定で、山脇百合子氏の世界の全体が感じられる展示会になります。

土日には、“ぐりとぐら”に変身できるイベントや展示作品の解説、「ゆうこのキャベツぼうし」(福音館書店刊)の1冊が完成するまでをスケッチを参考に辿る作品鑑賞会、絵本の朗読とオリジナル曲演奏のミニ・コンサート、“ぐりとぐら”の景色を描くワークショップ等の楽しい参加イベントも数多く開催予定!
季節は春!まもなく読書週間も始まり、楽しいゴールデンウィークが始まります!
みんなで“ぐりとぐら”たちに会いに行きませんか?

(2007.04.13)